エックスサーバーの新サーバー簡単移行はSPFレコードを自動変更しない

先日エックスサーバーの新サーバー簡単移行を行ったところ、SPFレコード内のホスト名が旧サーバーのままだということに気付いた。サポートに問い合わせるといつも通りすぐに返事をいただけた。以下はその抜粋。なおエックスサーバーでメールを使っていない方には全くどうでもいい話。

現状、新サーバー簡単移行後もSPFレコードについては自動的に補正されない仕様となっております。

エックスサーバーにおいてメールのご運用をされている場合は、お客様にて手動でTXTレコードを修正していただく必要がございます。

お手数ではございますが、ホスト名「svXXXXX.xserver.jp」の内容へと修正をお進めくださいますようお願いいたします。

変更手順

  1. サーバーパネルにログイン後、ドメイン項目内の「DNSレコード」をクリック
  2. 任意のドメインを選択して「DNSレコード一覧」をクリック
  3. 種別「TXT」内容が「v=spf~」で始まる欄の「変更」ボタンをクリック
  4. svXXXX.xserver.jpの数字部分を新サーバーのものに変更

ちなみに新サーバーの番号は「サーバー情報」項目内の「サーバー番号」欄で確認できる。

※上記は2021年10月25日現在の情報であり、今後仕様が変わるかもしれない。

この記事は役に立ちましたか?

まあまあ

ブログランキング・にほんブログ村へ

コメントを残す