エックスサーバーとwpXシン・レンタルサーバーの比較

先日エックスサーバーからwpXシン・レンタルサーバーに引っ越しをした。結果的にパフォーマンスは上がり料金も安くなって大満足。現在検討中の方のために機能・料金の違いを簡単にまとめた。

※掲載情報は全て2022年1月12日時点でのもの。最新情報は各公式サイトを要チェック

GTMetrixによるパフォーマンス比較

エックスサーバー

wpXシン・レンタルサーバー

  • First Contentful Paint, Largest Contentful Paint, Speed Indexがそれぞれ200ms縮まった
  • Total Blocking Timeだけわずかに長くなった

更新料金の比較(自動更新)

12ヶ月以上にした場合、エックスサーバーに比べて年間2,640円お得になる。

契約期間 エックスサーバー wpXシンサーバー
1ヶ月 1,100
3ヶ月 1,100 990
6ヶ月 1,100 990
12ヶ月 1,100
年額13,200
880
年額10,560
24ヶ月 1,045
年額12,540
825
年額9,900
36ヶ月 990
年額11,880
770
年額9,240

機能の比較

エックスサーバーのスタンダードとwpXシン・レンタルサーバーのベーシックを比較。

エックスサーバー wpXシンサーバー
CPU 仮想6コア 仮想6コア
メモリ 8GB 8GB
ディスク容量(NVMe SSD) 300GB 300GB
転送量目安(1日) 900GB 900GB
リソース確保 あり あり
KUSANAGI 対応 対応
リソースモニター 対応 対応
メールボックス容量上限 10GB 10GB

というわけで全く同じ。

おまけでドメイン更新料金の比較

エックスドメインの方が安い。サーバー引っ越しと合わせてドメインも移管し、wpXで一括管理しようと考えていたので大誤算だった。結局ドメインはそのままエックスドメイン側に残すことにした。

エックスドメイン wpX ドメイン
com 1,298 1,630
net 1,518 1,740
jp 3,102 3,340
biz 1,628 1,850
org 1,518 1,850
info 1,628 1,850

この記事は役に立ちましたか?

はい(以下をポチッと)

ブログランキング・にほんブログ村へ

コメントを残す